事例紹介
CASE

PANASONIC PCC-AW400K,Windows NT 4.0 電源ユニットを産業用電源に交換 マザーボードオーバーホール

茨城県小美玉のお客様

  • 修理サービス
  • 延命サービス
  • PANASONIC PCC-AW400K,Windows NT 4.0 電源ユニットを産業用電源に交換 マザーボードオーバーホールの画像1

印刷編集版下を作成するアプリを動かすためのWindowsNTパソコンが突然起動しなくなったとのことです。業務の都合上、版下をすべて新しいものに入れ替えができないとのことでした。 今後数年はPCを安心して使用できるコンサルティングを行いました。


印刷版下が急に作れなくなり、業務が停止しました

突然電源が入らなくなり、WindowsNTが起動しなくなりました。結果版下の編集ができなくなり、業務が停止。納期に間に合わなくなることだけは避けたいとのことでした。

今後数年間安心してPCを使用できるようにする案も提案しました

PCはあくまで道具なので、道具として今後安心して使用できるよう、下記3つの提案をいたしました

1.バックアップパソコンを製作し、メインPC故障時にバックアップPCに切り替える体制の構築
2.バックアップPCは製作せず、PCを修理・延命をおこなった上で、保守契約にて部品供給体制を構築
3.必要最低限の修理を行い、業務復旧コストを重視

コスト重視の、故障個所修理を選択いただきました

どうしても締め切りがあるとのことでしたので、まずは仮修理を行い、最低限動くようにしたうえで一度仮納品して、締め切り前に版下編集業務を行っていただきました。完了後弊社にPCを返送いただき

電源ユニットオーバーホール
HDDの磁気情報を産業用の高耐久SSDにコピー

その他調整を行い無事納品が完了しました

  • PANASONIC PCC-AW400K,Windows NT 4.0 電源ユニットを産業用電源に交換 マザーボードオーバーホールの画像2
  • PANASONIC PCC-AW400K,Windows NT 4.0 電源ユニットを産業用電源に交換 マザーボードオーバーホールの画像3