金属加工機検査装置生産ライン用など

産業用設備パソコンの
による
使えなくなるリスクをなくします。

株式会社ピーシーエキスパート
代表 森田起也

株式会社ピーシーエキスパート 代表 森田起也

産業用設備パソコンのこのような問題をそのままにしてませんか?

  • 産業用パソコンの調子が悪いけど、うまく動くことがほとんどなので放置している
  • 異音がたまにするけど、動いているからそのままにしている
  • メーカー保守サポート契約が切れて、そのままになっている
  • メーカーからシステム入替の見積もりをもらったが、現状動作しているし、高額なので、そのまま発注せずにいる
  • メーカーからバージョンアップの案内が来たが、費用がかかるし、今の機能に満足しているのでそのまま
  • コンピュータ自体は20年前のものだが、特に問題なく動いているので、メンテナンスもしていない
  • コンピュータがRAID1対応で、片方のHDDが故障してデグレードモードで動作しているが、動くからそのままになっている

コンピューターが故障して生産設備が止まってしまう前に、
延命措置によるリスク対策・コスト削減をご提案します。

産業用設備パソコン修理とは

弊社の長年の産業用設備コンピューター修理実績と独自の手法で生産設備用パソコンや産業装置用パソコン、パネルコンピュータ(パネコン)などの延命修理コンサルティングを行っております。

ほとんどの産業用設備コンピューター、サーバ、ワークステーション機種などの修理メンテナンスを行っており、ほとんどのお客様の症状改善や延命修理できる可能性がありますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

その他にも基板修理、電源修理、モニタ修理、タッチパネル修理、オーバーホールなど様々な延命対応も可能です。

産業用パソコン修理について

当社の産業用パソコン修理が選ばれる理由

  • 01
    2万台を超える
    修理・延命実績
  • 02
    豊富な経験を持つ
    専門家が対応
  • 03
    全国出張対応

ソリューション
SOLUTION

経験豊富なコンサルタントが御社の課題をしっかりヒアリングし、最適なソリューションをご提案します。

ソリューション一覧

メディア掲載
MEDIA

当社の産業用パソコン修理・延命についてご紹介いただきましたメディア様です。

日本経済新聞

2019-08-29日本経済新聞(2019年8月29日号)
日本経済新聞誌面(2019年8月29日号)にて、全国各地から旧型パソコンの修理依頼が押し寄せる会社として、弊社が紹介されました。
詳細はこちら

日本経済新聞

2019-05-23TBSラジオ(2019年5月23日放送)
2019年5月23日放送のTBSラジオ「ジェーン・スー生活は踊る」に代表の森田が出演しました。
詳細はこちら

納品までの流れ
FLOW

全国出張での現場調査や延命にも対応しております。

  • 01

    ご相談
    メール・電話による、ご相談、お見積りのご依頼
  • 02

    診断
    コンピュータをお送りいただき診断。出張での診断も可能です
  • 03

    延命方法のご提案・お見積
    コンピュータの状況に合わせた、ご提案を行います。
  • 04

    延命作業開始
    症状に合わせた、ベストな延命作業を行います。
  • 05

    納品
    出張での組み込みも可能です。
  • 06

    保守契約
    ご希望により保守サポートもございます

納品までの流れはこちら