延命措置実施
SOLUTION

故障をコントロールできてますか?
コンピュータが故障する前に、計画的に部品交換、延命施工することが重要です。

コンピュータをはじめとした工業製品は必ず故障します。
故障時の損失を避けるために重要なのは、計画的にメンテナンスを行うことです。
計画的に生産ラインを停止して、そのタイミングでオーバーホール、部品交換を行うことにより、
突然の故障により生産ラインが長期間停止することを回避できます

  • Windows98システムをWindows7ノートパソコンに仮想化
    Windows98システムをWindows7ノートパソコンに仮想化
  • 湿度や腐食に効果を発揮するコーテイングの例
    湿度や腐食に効果を発揮するコーテイングの例

ミラーコンピュータ制作のメリット

  • 特殊インターフェースを使用しているコンピュータなど、仮想化ができない場合でも、延命を行うことにより長期間使用することができる
  • 設備を更新して、すべてを最新にするよりも低コストにて、設備を使用し続けることができる
    ミラーコンピュータを作れば、今後長期間にわたり、旧型のOS、旧型システムを安心して使用することができる
  • 予算や延命内容に応じて延命内容をフレキシブルに選択することができる
  • ハードウェア入替、仮想化などに比較して、低コストにて旧型システムを継続しようすることができる。
  • 故障を未然に防ぎ、設備停止による損失を低減することができる
  • 延命措置と定期点検を組み合わせることにより、低コストにて長期運用が可能

延命措置の流れ

01
現場の出張診断
(インターフェース、システム全体、お客様懸念のヒアリング)(オプション)
02
コンピュータをお預かりして、お見積り
03
延命スケジュール調整
04
コンピュータを再度お預かりして、延命作業
05
現場への納品・稼働テスト(オプション)
06
定期点検(オプション)