事例紹介
CASE

X線曝射ジェネレータ制御PCの修理延命(GATEWAY GATEWAY2000,XP Pro)

神奈川県川崎市のお客様

  • 修理サービス
  • 延命サービス
  • ハードウェア入替サービス
  • X線曝射ジェネレータ制御PCの修理延命(GATEWAY GATEWAY2000,XP Pro)の画像1

X線曝射ジェネレータ制御PCの延命コンサルティング


相談内容

以前から、起動しない場合はあったのですが、だましだまし使っていました。
たいていの場合起動しなくても、電源ON/OFFを繰り返すと起動していたのですが、ついに二度と起動しなくなってしまいました。
X線曝射ジェネレータ自体はまだまだ使用できるのですが、メーカーや保守会社はパソコンが古すぎて直せないとのこと。
何とか修理して、今後も使用できないかとご相談をいただきました。

提案内容

消耗品である、HDDのクラッシュにより起動ができなくなってしまったようです。また、X線曝射ジェネレータ制御用アプリケーションは、Windows2000で動いており、このインストールディスクをお客様に探していただいたのですが、もうないとのこと。さらに、X線曝射ジェネレータとの通信を行うボードが特殊で、このドライバもないとのことなので、HDDのデータサルベージを行い、ここからシステムを復元するご提案をしました。
さらに、パソコンもやや特殊なので、同年代の比較的入手しやすいコンピュータに入替も同時に提案しました。

結果

HDDのデータサルベージが成功し、そこからWindows2000システムを復元することに成功しました。さらに、比較的部品が入手しやすいマザーボードに交換することにより、今後トラブルが起こった場合には、簡単に部品を交換できるようになり、長期間にわたってメンテナンスを継続できるようになりました。

今後も長期間にわたりお客様の工場で活躍できると思います。

ありがとうございました。

  • X線曝射ジェネレータ制御PCの修理延命(GATEWAY GATEWAY2000,XP Pro)の画像2
  • X線曝射ジェネレータ制御PCの修理延命(GATEWAY GATEWAY2000,XP Pro)の画像3